手づくりのうつわについて

かたくち屋のうつわは、すべて
作り手の方が心をこめて作ったものです。
 
人の手で作られたものですから
工業品とちがって
それぞれに表情があったり、
少し気を使って頂きたいことが
あります。
 
初めて手作りのものを手にされる方は、
ご注文される前にご一読下さいませ。
 

手作りのうつわの特徴

かたくち屋のうつわはすべて作り手たちが心をこめて作ったものです。人の手が作るものなので、ひとつひとつ表情や、サイズが若干ちがいます。

 
特に、やきもの(土でうつわのかたちを作り窯で高温で焼いたもの)のうつわは、
土の成分、窯に入れたときの位置、焼いた時の天気などで、表情がちがってきます。
まさに、自然がなせる業なのですが、そこがインターネット販売でうつわを販売する難しさかと思います。
当店では、表情がかなり違う作品については、一点づつ写真でご紹介し、お客様に選んでいただこうと思っています。
またご要望により、在庫のお写真をお送りすることも可能です。
(在庫からお選びいただく場合、写真送付の翌日中にお返事を頂いております。)
 
完売中の商品についても、ばらつきの少ない作品については予約注文を承りますが、変化の多い作品については、お断りすることもあります。
完売中の商品をお求めになりたい方は、一度ご相談いただければ幸いです

 陶器・磁器のお手入れ方法

 

陶器(やきもの)のうつわには、昔から「育てる」といって、使い込んだことによる汚れやシミも慈しむ風習があります。あんまり神経質にならずにどんどん使っていただきたいものですが、知っておいて頂きたいことを書いておきますね。

 

 
 

・まれに、高台がざらつくことがあります。そのままご使用になると、食卓に傷をつけることもありますので、気になるようならば、サンドペ-パ-で 軽くこすり落とすとよいでしょう。

 

※できればで結構です。(ご使用前に水に浸しておいた方が効果的なようです。)
水または米のとぎ汁で煮沸していただくと汚れがしみにくくなります。 煮沸後は冷めるまでそのままつけて置きます。その後、水で洗い十分乾かしてください。(磁器のものは必要ありません)

 

 

 

・使う前に一度水にくぐらせると、におい、油、シミがつきにくくなります。
(磁器のものは必要ありません)
余裕があるときには30分ぐらい浸しておくと効果が上がります。
水に浸しておくと、しっとりとしてうつわがより美しくなりますよ。
 

 
・やきもののうつわは吸水性があるので、汚れたまま洗い桶に入れておくと汚れた水分を吸ってしまいます。食べたらなるべく早く洗ったほうが良いですね。残ったおかずを入れてそのまま冷蔵庫へ・・・というのも避けたほうが良いとおもいます。
 
・やさしくスポンジ等で洗ったあとはしっかり乾燥させてください。
(クレンザー、金たわしなどは使用しないでください。)
特に高台や釉薬の掛かっていないところは、水分の残ったまま片付けてしまうとカビの原因になります。
 
・汚れが気になったら
陶器など吸水性の高いうつわの場合は、漂白剤をご使用になるとしばらく匂いが残る場合がございます。
重曹やメラミンスポンジを使用していてお手入れして頂くことをお勧めします。
磁器のうつわでしたら、キッチンハイター等漂白剤を薄めてつけ置きしてください。
ただし、赤絵や銀彩などの上絵付が施されているものは変色する可能性があるので、漂白剤の使用は避けてください。
 

 
・電子レンジ----避けたほうがよいでしょう。金彩、銀彩が施されている場合は、絶対に避けてください。スパークする恐れがあります。(上絵付けのない磁器のものは使用可能です)
レンジ対応のうつわで温めてから料理を盛り付けてください。
・食器洗い機----便利ですが、避けたほうがよいでしょう。水圧により、うつわが掛ける恐れがあります。
・食器乾燥機----乾燥させることは良いことですので、お使いいただいても大丈夫だと思いますが、食器同士がぶつかり合ったりして、欠ける原因になりますのであまりお勧めできません。
 


おかずを入れた後、においが残る場合があります。
特に、焼き〆や粉引きなど吸水性の高いやきものは、注意が必要です。
片口をお酒とおかずの両方で使われる場合は、おかずで使用した後はきれいに洗い、十分乾かしてにおいが残ってないことを確認してから片付けるようにしてください。

 

 粉引きについて:
(現在取り扱っている粉引のうつわは汚れ防止がされているものがほとんどです。以下は必ずしも必要ではないかもしれませんが、お使いいただくにつれ、汚れ防止効果が弱くなることがございますので、念のため記載しておきます。)
 
※粉引のうつわは、水にぬれるとそこだけシミができたようなることがありますが、
これは化粧土の層に水がしみこんだことによるもので乾くと元通りになります。
ただ、それだけ水がしみこみやすいので、粉引のうつわを使うときは、
とくに油分の多い料理や、色の濃いものを盛るときは必ず水にくぐらせてくださいね。
汚れ防止がしてある作品は、汚れにくくなっておりますが、それでもやはり染み込むことがありますので、使用後は早く洗われる等注意が必要です。

 

ガラスのうつわのお手入れ方法

・耐熱ガラス以外のガラスの器は熱に弱いですので、熱湯は避けてください。
温かいものを入れるときには、ぬるま湯で十分うつわを温めて、すこし冷ましたお湯をご使用ください。
 
・底が研磨されているものはテーブルがざらついていたりすると傷がつきやすいですので、塗りのお盆のように テーブルに置くとき、ずらないようにしていただくと、きれいに使えます。
 
・家電につきましては、耐熱ガラス以外は熱に弱いことから、電子レンジ、食器洗い機、乾燥機等のご使用はお避けください。
 
・ご使用後は、やさしくスポンジ等で洗ったあとはしっかり乾燥させてください。
(研磨剤、金ダワシなどは使用しないでください。)
 
・汚れや曇りが気になったらキッチンハイター等漂白剤を薄めてつけてください。酢水につけておいても曇りがよくとれます。(箔の装飾のあるものは除く)

※ 箔の装飾があるものは、経年変化で黒っぽくなることがあります。元の風合いに戻したい場合は シルバー磨きや重曹などで優しく磨いてください。
 

漆のお手入れ方法

扱いが難しいといわれる漆器ですが、実は、上塗りをする前に何層も下地塗が施されており、思ったよりずっと丈夫で、においもつきにくいのです。
ただ、下記の点にご留意頂ければ、永くご愛用いただけるかと思います。

 
・直射日光、極度の乾燥を避けてお使い下さい。
直接日が当たあるような場所に保管しないようにしましょう。
 
・急激な温度変化を避けましょう。
例えば、急に熱湯を加えたり、揚げたてのてんぷらをのせるなど・・・。
汁物などをよそうのはもちろん大丈夫。心配ならば、ぬるま湯で少し温めてからご使用下さい。
 
・ご使用後は、水に長時間つけないで下さい。
やさしくスポンジ等で洗い、布巾で水気を取ってください。
布巾で拭くことで、漆器の美しいつやが保たれます。
 
・クレンザーや漂白剤は使用されないようにお願いします。
漆器は他の素材と比べ汚れが落ちやすいです。
 
・家電につきましては、熱に弱いこと、素材が柔らかいことから、電子レンジ、食器洗い機、乾燥機等のご使用はお避けください。
 
使うほどに、つやが増すという漆の器。また、怖がらずどんどんご使用くださいね。
また、漆は修理が可能です。もし、傷みが出てしまったら当店までご連絡下さい。

木の器のお手入れ方法(自然オイル仕上げ)

 
・器をきれいに洗って、柔らかい布で水分を拭いてください。そのあと良く乾燥させてください。

*木の表面がざらざらしているときは、木目に沿ってサンドペーパー(#320)で研磨するとツルツル、つやつやの気持ちいい仕上がりになります。
 
・キッチンペーパーや古布などに荏胡麻油やクルミ油など乾性油を適量だし、器に塗ります。カサカサしすぎたときはたっぷり塗ってください。
 
・うつわの表面に残った油を、新しい布、キッチンペーパーで拭き取ってください。よく乾かしたら出来上がりです。
 
自然オイル仕上げの温かみのある木肌。こまめにオイルメンテナンスを行っていると、におい、汚れ、割れを予防することができます。
かさついた肌にクリームを塗るように、木の肌もカサカサしてきたと感じたら、植物油を塗って油分を補ってあげてください。
少しだけ手をかけてあげればいつまでも使えます。
 
・電子レンジ、食器洗い機、乾燥機等のご使用はお避けください。

金属のうつわ(伊藤祐嗣 作)のお手入れ方法

・うつわの外側には、漆が焼き付けてあります。
これは、お湯につけたりした場合に取っ手との隙間やくぼみに水気が溜まるのを防ぐためのものです。お使いいただくうちに、表面凸部の漆が摩擦等で剥がれてまいりますが、その風情も趣深いものですので、経年変化を楽しんでくださればと思います。なお、お使いいただいた後は布巾などで水気を取ってください。
 
・使用後は水またはぬるま湯ですすぎ、汚れのひどい場合は中性洗剤をご使用下さい。
 
・たわしや研磨剤の入ったものはご使用にならないでください。
 
・水滴を残すとしみになることがあります。しみなどが付いてしまった場合は、重曹を湿らせたものを指につけ、ごく優しくこすり落としてください。
 
・電子レンジ、食器洗い機、乾燥機等のご使用はお避けください。
 
・何か不都合がございましたら当店までお知らせください。

銅鍋の取り扱い(よくあるご質問)

Q: 電磁調理器では使えないのですか?
 
A: 鉄やステンレスなど磁性を持つ金属でないと熱が発生しません。近年電磁調理器も改良されオー ルメタル対応になっているようですが、熱効率は良くないようです。下に示すとおり、熱伝導の点 からみて銅は鉄(ステンレス含む)、アルミなどとは比較にならないほど優れています 。つまり、 焦げにくく、素材に熱が伝わりやすいということです。調理をする上で炎を扱うことの意味を深く 考えたとき、表面的な安全性のみを選択することに私は納得できません。 
熱伝導率は銀を基準とした数値で示されます。
...1 ...0.94 ...0.7 アルミ...0.57 ...0.17 
 


 
Q: 鍋の内側の色は何なのですか?
 
A: 錫の色です。たとえばトマトベースのスープやシチュー等酸味のある料理、クリーム系の料理などを調理後長時間放置した場合等、条件によっては銅の錆である緑青が生じる可能性があります。 それを防ぐため内側の面に錫をひいてあります。錫引きは古来より行われている伝統的な技法です。 今日の銅はかつての古い精錬法による銅と違って不純物をほとんど含まないので、現在使われてい る銅製品から生じる緑青は無害ですが、出来上がった料理は鍋のまま放置せず、別容器に移し替え て保存することをおすすめします。 
 


 
Q:ひいてある錫には耐久性がありますか?
 
A:錫の融点は232°Cです。強い空いりの状態は避けてください。中に食材が入っていればその温 度を越えることはまずありませんが、油をひいてニンニクを色づける時などの火加減には注意して ください。使用後はやわらかいスポンジで洗うことで耐久性が保てます。しかし、長年使ううちに は薄くなり、部分的に剥げてくることもあります。そのような場合は、錫のひき直しができます。 使い方にもよりますが、2~3年に一度のひき直しをおすすめしています。お買上げいただいた銅 鍋は、通常無料(送料は別途)でひき直しをいたします。 
 


 
Q:外側の銅の色は変わりますよね、そのまま使っていていいですか?
 
A:かまいません。表面の色はお好み次第です。いつもピカピカがお好きでしたら使用後にスチール たわしで磨けばよいですし、使い込んだ色が好みならそのままで、水気をよく切り乾燥させてから しまってください。銅の表面は常に酸化被膜を作りたがるので、使い込まれた色の方が安定した状 態です。たまに汚れが気になるとき、磨いてきれいにするくらいでちょうど良いかもしれません。