鶴見宗次 目次

鶴見宗次


てびねりでおおらかにかたちづくられた鶴見さんの器。ほんの少しのいびつさや、ほんの少し残る手あとに、手仕事のぬくもりを感じます。

鉄分の多い小石を含んだ土に灰釉を掛けた黒シリーズは温かみがあるなかにもモダンさを感じます。
白シリーズは、透明感あるグリーンの灰釉の風合いが、なんとも味わい深く魅力があります。

1967
 東京都に生まれる
1991
 常滑市立陶芸研究所を修了
 常滑に工房をおき、個展・グループ展を多数開催
公募展
​1992
 朝日陶芸展に入選
​1996
 花の器ビエンナーレ展に入選
1998
 第6回「花の陶展」で奨励賞を受賞
1999
 第7回「花の陶展」で奨励賞を受賞

 



申し訳ございません。検索に一致する商品が見つかりませんでした。