呉 瑛姫

Eihi Go
オンラインショップへ
淡いペールグリーンのグラデーションが魅力的な呉 瑛姫さんのうつわ。
 
うつわの口縁は柔らかいカーブを描き、そこにふわりと存在します。
持ってみるとずしっと土の重みを感じます。少し重いと思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
土の柔らかな質感を大切にしたい、なるべく土を削りたくない・・・と語る作者の思いを聞くと、
それもまたいとおしくなるのです。
磁器土に化粧土を掛け、灰釉を掛けるというこのうつわは、陶器で人気のある白いうつわ、粉引に分類されるそう。薪窯で焼成された表情豊かなものや、ガス窯で焼成されたマットで柔らかな質感のもの。口元は、ほわりとピンク色が現れていて、これもまたいい。

プロフィール

1970年

​埼玉県生まれ

1990年

跡見女子短期大学生活芸術科卒業

1991年

新宿・パークサイド陶芸クラブ講師

1996年

韓国へ一年間遊学

1997年

埼玉・武州土耕窯講師

2002年

多治見へ移住し、作陶を始める。

  • Black Instagram Icon
  • Black Facebook Icon
〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦3-6-7​ 服部ビル3B
​052-971-0223
contact@katakuchi.jp

© 2020 by かたくち屋  katakuchi-ya