鈴木進

鈴木進


和の食卓にも、モダンな食卓にも馴染む鈴木進さんの佇まいのよいうつわ。

柔らかな黄色の粉引。そこに手のこんだ線刻や丁寧な鎬模様が施されています。
鈍く光沢のある黒釉シリーズは主に鎬模様。
そして、琺瑯のよう、デルフトのような清々しい白釉。

いずれも幅広い方々に、様々なシーンで楽しんでいただけるかと思います。 

 

1974
静岡県森町生まれ

名古屋造形芸術短期大学プロダクトデザイン科卒

瀬戸窯業訓練専門校・専攻科卒

静岡県森町にて森山焼(静邨陶房4代目)を継承しつつ個人の作品も製作・発表