髙橋関丞(木工)

髙橋関丞(木工)


独自で技法を工夫し、時に大胆に、時に緻密に、
木を削り、彫り、
独創的なうつわを制作するkotonari-髙橋関丞(だいすけ)さん

艶のある上品な黒漆、鄙びた静かな佇まいの栗渋の盆、花入、酒器、機械彫の細かな彫りあとと木目が交錯する表情が面白い皿などご用意いただきました。

 

2002年 専門学校札幌デザイナー学院 卒業
2004年 飛騨国際工芸学園 卒業
第4回 暮らしの中の木の椅子展 入選
宮城と京都で複数の家具製造会社や工房に勤務(2004~2016 勤務)

2016年

KOTONARI 立ち上げ
第56回 日本クラフト展 入選

2017年

工芸都市高岡2017クラフトコンペティション 武山良三賞