blog RSS



「働くうつわ」展のお知らせ

次回企画展のご案内です   「働くうつわ」展 台所は楽しい。
芳しい香り、変わる色合い食欲をそそる調理の音・・・五感を刺激するそんな場所に
お気に入りのうつわがあったら・・・調理道具や気の効いたコモノなど台所での料理の時間をさらに楽しくしてくれるうつわをご紹介いたします。ゴールデンウィーク目前いつもよりちょっと手間をかけて作る料理の相棒に出会っていただけたら幸いです。 働くうつわ 展4月16日(土) - 25日(月) 4月20日(水)は休み12:00-18:00準備が出来次第、オンラインショップでもご紹介します。上野剛児田井将博七尾うた子七尾佳洋展示に合わせ、働くうつわを使ってお料理を楽しんでいただくヒントになるようなお弁当を、不定期でお弁当やジャムを販売されている、「kamado」さんにご用意いただきました。ご予約の方優先です。当店までご連絡くださいませ。 *写真はイメージです。「働くうつわ」にちなんだ旬の食材でご用意いただきます。<お弁当ご予約詳細>・引き渡し時間  4月16日(土)12:00~14:00・引渡し場所 かたくち屋ほとり・価格 2,160円(税込)*ランチ用です。16時までにはお召し上がりください。 ————————————————— かたくち屋 ほとり愛知県名古屋市中区丸の内1-1-8児玉ビルB1F
TEL: 052-204-4520/090-3589-8022

계속 읽기



彫るしごと 髙橋関丞・樽田裕史 展 より 花入

  彫るしごと 髙橋関丞・樽田裕史 展 お問い合わせによる通販開始します。   ご参考までに、一部作品をご紹介します。 本日は花入 フリーハンドの彫りによる柔らかな曲線が、今にも開きそうな花弁のような樽田裕史さんの花入 その名もつぼみ 一輪を演出してくれます。 左 高さ 14.5 cm 22,000円中央 高さ 12.0 cm 16,500円右 Sold 小さな一輪挿し 高さ 7.5 cm 5,500円 高さ20.5 cm 33.000円 青氷河 つぼみ 高さ 21.0 cm 55,000円 髙橋さんの花入 SPLIT VASE S 手彫り 高さ 12.5 cm 底3.5 cm 4,400円一輪を生けて・・・。
殺風景な空間や壁がふっと陽だまりのように心地よい場所に・・・。SPLIT VASEは、
真ん中に切り込みが入っていて、ずらしたり、
中のガラスを見せたり、
様々に楽しんでいただけます。   SPLIT VASE M 手彫り 底 15.0 x 4.0 cm 高さ 13.5 cm 6,270円   SPLIT VASE 左2つ 機械彫り 4,400円 SPLIT VASE 右 手彫り 6,270円 写真は撮れておりませんが、Lもございます。7,700円 掛け花入れ 14,300円 こちらも、中にガラス管が入っております。 掛け花入れ 16,500円こちらは、口が二つあり、どちらからでも花を生けていただけます。 気になる器がございましたら、お電話やメールにてお問い合わせくださいませ。 会期も3月28日まで続きます。他にも美しいうつわ、たくさんご用意いただいておりますので、近郊の方はぜひお立ち寄りくださいませ。

계속 읽기



彫るしごと 髙橋関丞・樽田裕史 展 より 酒器

彫るしごと 髙橋関丞・樽田裕史 展 お問い合わせによる通販開始します。   ご参考までに、一部作品をご紹介します。 まずは髙橋関丞さん 大胆に断ち割った木の表情が趣ある外側。内側は、なめらかに磨いてあり、また異なる面白い表情がたのしめます。 片口 一合 漆 栃 24,200円   漆にくわえ、黒漆、栗渋、一番左は1合半ほど入ります。(26,400円) (栗渋はもう一度ガラスコーティングをされたいとのことで、数日後のお渡しとなります。) 真鍮の個性的な手のついた注器 黒漆・栃 49,500円 ぐいのみも全て断ち割っていますが、口元は薄い作りで、 お酒の味わいもしっかり愉しんでいただけそうです。 14,300円 こちらも、黒漆、漆、栗渋ガラスコーディングがございます。 優しい青白磁の色味と、蛍手の柔らかな筋。 樽田さんの酒器は、どこかたおやかで上品。色気ある春の宵のお酒時間にも、寄り添ってくれるかと。 今回は、定番以外にも思いのままに形作ったうつわも・・・。 片口 140 ml - 280 ml 7,150 〜 17,600 円(蛍手の幅が広い片口)   盃、ぐいのみ 40〜50 ml 5500円〜11,000円(蛍手の幅が広いぐいのみ) 気になる器がございましたら、お電話やメールにてお問い合わせくださいませ。 会期も3月28日まで続きます。他にも美しいうつわ、たくさんご用意いただいておりますので、近郊の方はぜひお立ち寄りくださいませ。  

계속 읽기



百聞は一見に・・・橋村大作さん、野美知さんの工房を訪ねました Part2

昨年11月に伺った橋村大作さん・野美知さんの工房 Part 1の続き 工房見学編です。 お二人の作品は独特で謎が多かった。 何度も作り方を説明いただいているのだけど、 どこかふんわりと・・・理解していた。 お客様に説明するときも、なにか説明されるとドキドキしてしまったり。そこで、今回の工房訪問! その場所を尋ねることと同時に、その制作も拝見できるのではとワクワクしていた。 すこしお話ししていると、 「では、始めますか」・・・とお二人。 CRACKぐいのみを作っていただきました! ガラスの制作はとても作業がキビキビしていて、私のカメラワークが全く追いついておりません。 通しての制作の様子は、動画をご覧くださいね。 https://youtu.be/CGWp9NHLtsE (こちらも所々向きが変わったり、不慣れで見にくいかと思います)   まずはガラスを窯から巻き取ります。 ベンチで形を整えたり、もちろん吹いて膨らませたり 小さな窯で温めなおしたり、 を繰り返します。 そして、竿を底部分に付け替えて・・・・いよいよ、CRACKの工程へ! 小さな窯の傍に、適温の水を張ったバケツが置かれていて、ここに一瞬だけうつわをつけて、ヒビを入れすぐに窯でまた温めて、表面だけヒビを溶かしていきます。これを何回か繰り返すことにより、全体にヒビが入りひび模様の表情が美しい作品となります。 昨夏にいただいた一点ものの作品 w.crack(ダブルクラック)は、この工程を何度も何度も繰り返します。動画の4:58 ぐらいと6:23ぐらいをご覧いただくとわかりやすいと思います。 https://youtu.be/CGWp9NHLtsE そうすることで、どんどん硝子に複雑な表情が刻まれ、焼きものの茶碗のような趣ある造形となっていきます。 こちらもまた、夏頃いただけるかなと思います。 ある程度形が整ったら、最後に縁にだけ白い粉をつけて、そしてまた溶かしていきます。口縁のアクセントのシルバーになるそうです。 そして野美知さんの抽象画のように様々な色が絡み合う作品もどのように作られているか、説明いただきました。 透明の硝子に、このようなパウダー状や粒状の硝子を重ねていくのですが、ドットやラインの模様はどうやってされているのか、謎ですよね。 このような、型を利用するとのこと。 ん、ん?どういうこと?と思っていると 「こうなるんですよ。」と あ、ドットですね! この状態で、また異なる色を重ねるとのこと。 ボケてしまっていますが、この奥に様々な型が置いてありました。 なるほど・・・。本当に百聞は一見に如かずです!ようやくしっかり理解できました。これから、お客様にも自信を持って説明できますね。ただ・・・まずは作品の良さに気づいていただかなくては。得た知識を披露せんと、前のめりに制作について語るようなうざい店主にならないように、気をつけますね。 新しく工房を構えられて、ますます忙しくされているのにも関わらず、お時間を割いていただき、制作について、じっくり教えていただいたお二人、ありがとうございました。

계속 읽기



伊藤祐嗣さんによるパエリア実演の様子

旧友と・・・伊藤祐嗣 x 百田輝 展の初日 伊藤祐嗣さんが自作のパエリアパンで、実際調理する様子を見せていただきました。 本当は、お酒もお出ししながらお客様とともに楽しみたかったのですが、このご時世、それは叶わずアルコールなしの試食のみとなりました。   まずは、お客様がいらっしゃる前にタコ、セロリ、パセリで出汁を用意されていました。 そしてパエリアパンに大胆にオリーブオイルを注ぎ、ニンニクを弱火で熱し、浅いきつね色に色付けます。 その後海鮮を炒めて一旦皿に移します。ちょこちょこ写真が撮れておらずすみません!そして、洗わずにそのままお米を入れて、中火でゆっくりと炒め、透明感が出てきたら、出汁を注ぎ入れ、水に浸しておいたサフランを入れてしばらく強火で煮立たせます。 かき回しながら塩で味をととのえ、取り出しておいた海鮮や野菜を綺麗に盛り付け中火にして15-20分ほど、汁気がなくなり鍋底からパチパチ音がしてきたら炊き上がり。 炊き上がったら火を止め、すぐにアルミホイルを全体にかぶせて5−10分蒸らす。 錫引きのお鍋は、あまりステンレスの調理道具でゴリゴリせず、木のヘラなどで優しく取り分けてくださいね。   仕上げにレモンをちょっとかけて・・・。 竹の取り皿も伊藤さんが作ってくれました! 華やかですし、大人も子供も(ニンニクを控えめにすれば)愉しんでいただけそうなパエリア。思ったより簡単に、短時間で楽しんでいただけます。今回は、エビやタコ、そして春らしく菜の花とトマトでしたが、いろんな具材でお作りいただけるかと思います。スペインに留学されていた百田輝さんの話によると、地方によって具材は全く異なるとか。スペインでは、お雑煮みたいなものなのでしょうか?話が逸れましたが、ぜひ家族やお仲間と、ご自宅はたまたキャンプでなど愉しんでいただけたらと思います。 熱伝導率がいいので、焦げはあまりつきませんが、汚れはお湯にしばらくつけてよくふやかしてから優しく洗ってください。 美しいパエリアパン。伊藤さんは、ステーキを焼くときにも使っているとのこと。2月7日9:00までのご紹介です。 お買い上げの方には、レシピを同封します。 https://www.katakuchi.jp/collections/202201ex/products/itohyuji-paella

계속 읽기