貴島雄太朗

貴島雄太朗


自身で制作した硝子に、切子と同じような手法でさまざまな削紋を施す。

作品によっては、荒削り、仕上げ、二度削りの工程をされているとのこと。

そのようにして、幻想的な削紋が生まれます。

紋様の違いはもちろん、厚みの違い、紋様が施された側、透明硝子越し、それぞれ印象が異なります。

お気に入りの幻想的な世界、見つけていただけたら幸いです。

 

1964
  東京生まれ
  明治大学商学部卒、武蔵野美術大学スペースデザインコース卒
1992
  損害保険会社勤務のかたわら、吹きガラスをはじめる
1994
  Pilchuck Glass School参加
1995
  Lino Tagliapietra氏及びRudy Gritch氏によりbest studentにノミネート
1996
  青樹舎硝子工房設立
1999
  これを専業とし現在に至る